日々気になったエンタメニュースやお役立ち情報をお届けします♪

新幹線に赤ちゃんと乗る時の注意点や便利グッズ!泣いたらどうする?

 
新幹線 赤ちゃん 帰省
この記事を書いている人 - WRITER -

はじめて赤ちゃんと新幹線に乗るママ・パパや、一人で赤ちゃんを連れて新幹線に乗らなければいけない時、赤ちゃんが泣きだしたらどうしよう・・・。

 

ベビーカーや授乳、オムツ替え、荷物は何を持っていけばいいのか・・・。

 

赤ちゃんと一緒だと、不安なことがたくさん出てきますよね?

 

私もそのひとりでした。

 

特に初めて乗る時は、不安なことだらけ・・・。

 

そこで今回は、赤ちゃんと新幹線に乗る時、快適に過ごすための注意点や、便利グッズをいくつか紹介していきますね。

 

スポンサードリンク

新幹線に赤ちゃんと乗る時の注意点は?

 

新幹線 赤ちゃん 座席

 

赤ちゃんが新幹線に乗れる時期としては、特にいつからとは、決まってはいません。

 

ですが、1か月健診を受けてからの方がいいかと思います。

 

ただ1ヶ月すぎても、もちろん首が座っていないので、この時期の赤ちゃんは、おむつ替えや授乳も頻回で大変です。

 

そして、新幹線に乗ったときに大変なのが、授乳とおむつ替えですよね。

 

これも前もって乗る前に済ませておくのがいいでしょう!

 

また、乗り降りする駅に『ベビー休憩室』や『多目的トイレ』などがあるかを、調べて確認しておくのがオススメです!

 

赤ちゃんを連れて、荷物とベビーカーを持って新幹線に乗るのは本当に大変です。

 

特に赤ちゃんの荷物は多くなってしまいますよね。

 

事前に必要最低限の荷物以外は先に送っておくと楽になるのでオススメします!

 

そして、赤ちゃんと一緒に乗る時のオススメの座席は、多目的室が近い号車の一番後ろの席または、一番前の席を選ぶのがいいでしょう!

 

おむつ替えや、赤ちゃんをあやすことを考えると、通路側がいいと思います。

 

多目的室は、授乳やおむつ替えにも利用できるスペースになっています。

 

ただし、身体の不自由な人、急に気分が悪くなられたりした人が基本的には優先です。

 

他の方が使用していない場合は、授乳スペースとして安心して利用できます。

 

多目的室は、勝手に入ることができないため、乗務員に声をかけ、空いていれば使えます。

 

詳しいことは乗務員さんに聞くか、前もって駅で確認してみるのもいいでしょう。

 

また、車両によって多目的室の場所が違う場合もあるので、事前に確認してみてくださいね。

 

スポンサードリンク

新幹線に赤ちゃんと乗る時の便利グッズはこれ!

 

新幹線 赤ちゃん おすすめグッズ

忘れてはいけないのが抱っこ紐!

 

抱っこ紐は絶対にあると便利ですよ!

 

また、赤ちゃんが飽きないように、お気に入りのおもちゃなどを持ち込んでいくと安心ですね!

 

ただし、音の出るおもちゃは他のお客さんの迷惑になってしまいます。

 

音のならない絵本や、お気に入りのおもちゃなどを用意して、赤ちゃんが飽きないようにするのもいいですね!

 

また、オススメの便利グッズとして

  • シール絵本や、おもちゃ
  • 授乳ケープ
  • 着替え
  • スタイ
  • タオル・バスタオル
  • 帽子用クリップ 2~3個
  • おむつ、おしりふき
  • ビニール袋 ※オススメのものを紹介します!
  • 除菌ウェットティッシュ
  • 衣類の圧縮袋
  • レジ袋 など

 

今、紹介したグッズは、着替え以外は全て100均で揃う&代用出来ます!

 

オムツは2枚入りなど少量のものになりますが、置いている店舗も多いみたいです♪

 

また、オムツなどのごみを入れるのに、オススメのビニール袋がこちら!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

TONAKAIさん(@tonakai_1go)がシェアした投稿

 

ビニール袋がロール状で沢山入っているので、バッグの持ち手などにつけておくと便利ですよ♪

 

バスタオルは、車内でのタオルケットの代わりにもなるので、薄手のもので十分です!

 

授乳ケープやスタイは、私自身あまり使わなかったのですが、お出かけ時に忘れると困ります(笑)

 

そこで、便利なのが『帽子クリップ』です!

 

バスタオル(持っているストール)の長い方にクリップを付けて首を通せば、授乳ケープの代わりになりますし、ハンドタオルに付けて赤ちゃんの首を通せば、スタイの代わりにもなります!

 

また、ハンドタオルがすぐ使えるように、帽子クリップにハンドタオルをつけて、片方を自分の洋服にとめておくのもオススメです!

 

赤ちゃんの帽子と服をとめる『帽子クリップ』は、使い方次第でかなり便利なので、2~3個持っておくと良いですよ。

 

それから、見落としがちな親の着替えです。

 

赤ちゃんが乗り物酔いなどで嘔吐してしまったり、万が一の場合も考えて、親の着替えも用意しておくと便利ですよ!

 

服などのかさばるものは、衣類の圧縮袋に入れておけば、カバンの容量UPにもつながります!

 

必要なお世話グッズをすぐに取り出せるよう、手の届く足元などにスタンバイしておくのもオススメです。

 

スポンサードリンク

新幹線で赤ちゃんが泣いたらどうしたらいい?

 

新幹線 赤ちゃん 泣き止まない

 

もし赤ちゃんが泣いたり、ぐずったりしたら迷惑かけるかも・・・。

 

赤ちゃんが泣き止まないとき、本当に焦りますよね。

 

オモチャでもミルクでもダメ・・・。

 

どうしても泣き止まなくて、泣き声がヒートアップしちゃうようなそんな時は、デッキに行きましょう。

 

デッキには人が全然いないので、周りを気にすることなく、赤ちゃんをあやすことができます。

 

また、ずっと抱っこでは腕が疲れてしまうので、抱っこ紐で抱っこをしてあやせば、両腕が空きママたちの負担も軽減されます。

 

窓から外の景色を見せながら、ゆらゆらするのも泣いている赤ちゃんに効果的ですよ!

 

赤ちゃんをあやしながら、窓からの景色をママさんたちも一緒に眺めて気分転換しましょう♪

 

スポンサードリンク

まとめ

 

今回は、赤ちゃんと新幹線に乗る時の注意点や便利グッズについてお伝えしました。

 

1番良いのは、乗ってる間ぐっすり寝ていてくれることですが、ミルクやオムツ替えなど、ママたちには色んな不安がありますね。

 

新幹線の中では、いつもの環境と違うため、いろいろと大変なこともあると思います。

 

でも、新幹線には多目的室もありますし、泣き止まなくて困ったときにはデッキに行ってあやすこともできます。

 

また、便利グッズは100均で揃いますし、日ごろのお出かけでも使えますので、ぜひ揃えておくことをオススメします!

 

不安なことや大変なこともありますが、意外と乗り切ることができるので、ママやパパもせっかくの赤ちゃんとの新幹線を楽しんで乗ってみてくださいね♪

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぴょんきちLIFE , 2019 All Rights Reserved.