東北道上りの佐野SAで営業停止という異常事態が発生し、問題になっています。

 

お盆のUターンラッシュを直撃し、利用客の方も大変困ったのではないでしょうか・・・

 

今回は、佐野SA(上り)の売店の営業再開はいつで現在はどういう状況なのかや、営業停止の理由と問題の社長のコメントなどについてお伝えします。

 

スポンサードリンク

【更新】佐野SA(上り)で一部営業再開!

 

佐野SAといえば、年間約170万人という東北道上りの中でも来場者数が2位を誇る大人気のサービスエリアです。

 

現在、営業停止中の佐野SAの営業再開はいつなのでしょうか?

 

ネクスコ東日本によると、

【お知らせ】

佐野SA㊤の商業施設において、本日未明から営業休止しており、大変ご迷惑をおかけしております。

営業再開に向け準備を急いでおります。ご理解のほどよろしくお願いたします。

ガソリンスタンド及びホテルは通常営業となっております。

とのことです。

 

夏休みということもあり、繁忙期の最中の営業停止にネクスコ側も対応に追われていることと思います。

 

新しく入った情報です!!!

 

16日7時にショッピングコーナーの営業を再開したとのことです!!!

 

レストランとフードコートは、営業再開に向けて準備を急いでいるとのことです。

 

ただ、このネクスコ東日本のコメントに対しては、急ぐなという声もあがっています!

 

 

『急ぐな』という声が気になりますね。

 

こちらにおいては、後程、営業停止の理由などと合わせてお伝えしたいと思います。

 

また、営業再開については情報が入り次第、随時追記して更新したいと思います!

 

スポンサードリンク

佐野SA(上り)の現在の状況は?

 

佐野SA(上り)の現在の状況ですが、ストライキの張り紙は剥がされて、ネクスコ職員とケータリングカーの姿があるとのことです。

 

また、下り線の佐野SAで使える割引券が配布されたり、簡易販売もされているようですね。

 

 

また、佐野SA(上り)で利用可能なのは

  • 駐車場
  • トイレ
  • ガソリンスタンド
  • ショッピングコーナー
  • 屋台形式のケータリングカーでの食事
  • ファミリーロッジ旅籠屋(はたごや)佐野SA店

だそうです。

 

利用客としては、一日も早く営業を再開してほしいですね・・・。

 

スポンサードリンク

佐野SA(上り)の営業停止の原因や理由は?

 

そもそも、どうしてこの忙しい時期に営業停止という状況に陥ったのでしょうか?

 

原因は、佐野SAの売店を運営している『ケイセイ・フーズ』の従業員がストライキを起こしたためです。

 

そして、そのストライキを起こした理由についてですが、ケイセイフーズの倒産危機などが影響していると思われます。

 

日刊スポーツによると

今回の騒動の背景には、ケイセイ・フーズの労使問題がある

関係者によると、同社の親会社にあたる建設会社にまつわる信用不安情報が、フードコート、売店に商品を卸す取引先の業者に露見してしまったという。

そのため、7月25日前後から商品が納入されなくなり、今月1日には倉庫から在庫がなくなってしまった。

ケイセイ・フーズは取引先に、納入された商品の代金を60~90日後に支払っていたが、商品が納入されない事態に、一部の管理職員が5日に、商品の代金を前倒しで支払う旨の覚書を作成。

取引先に提示し、一定の承諾を得て、商品の納入は再開されたという。

ただ9日になって、覚書にサインした社長から内容の変更を命じられ、そのことを取引先に告げたところ「条件の変更は無理」と反発されたという。

社長はいったん取引先に商品代金を即金で払う案を提案したものの、資金繰りが難しいことが発覚して撤回しようとしたという。

そのことを糾弾した結果、同職員は13日午後に解雇されたという。

同職員は「商品代金を払えなくなる可能性がある経済状態だった。

それで発注するのは取引先に心苦しいし、嫌な思いをさせて申し訳ない」と話す。

またこの日、SAに訪れた取引先の関係者は「1カ月くらい前から危ないという感じや、うわさはあった。

中は結構、ガタガタだった。早かれ遅かれ来るべくしてきたのかな」と指摘した。

とのことです。

 

この件で、部長と支配人が不当解雇をされ、部長本人が事実をSNSを使って拡散をしているようです。

 

不当解雇をされた加藤部長の訴えはこちらです。

 

解雇は個人的なことだからと、労基にいくつもりだったとのことですが、従業員の仲間からストライキを提案されたということで、結束力は相当なものですね。

 

資金繰りに困っていたという、ケイセイフーズの経営状況も気になるところです。

 

また、さきほどの営業再開を急ぐなという声があるのは、応急処置だけでは経営者側の問題の根本的な問題解決にはならないということではないかと思われます。

 

こちらにおいても引き続き調査していきます。

 

スポンサードリンク

佐野SA(上り)の売店(ケイセイフーズ)社長がコメント!

 

8月16日0時41分の日刊スポーツによると、

ケイセイ・フーズ岸敏夫社長は、一部の取材に応じ「仕入れ業者との注文の食い違い、社員の不当解雇があってストライキになった。既に昨日の段階で解雇は撤回した」などと説明し、管理職員の解雇処分を撤回したと明言した。

とありますが、実際のところはどうなのでしょうか?

 

管理職員の話では、解雇撤回のメールが届いたのは本当らしいですが、営業再開に向けた話し合いに向けて具体的な内容を知りたいということに対しては、返事がなかったそうです。

 

おまけに、社長は一部メディアに対して

「(社員は)不平不満もなく(営業)再開に向け打ち合わせが進んでいる」

答えたそうで、これには従業員側もびっくりですよね(笑)

 

また、社長はカメラを通して

『今のところ、営業再開に向けて打ち合わせを進めております。申し訳ございません。』

と謝罪をしましたが、営業再開の目途はたっていないとのことです。

 

解決には時間がまだまだかかりそうですね・・・。

 

スポンサードリンク

世間の声

 

今回の佐野SAのストライキによる営業停止には、世間から多くの反響があるようです。

 

 

 

 

 

意外にも、ストライキに賛同する声が多いことにびっくりしました(笑)

 

でも、こんな繁忙期にストライキを起こされるのは、利用客にはとても迷惑な気もしますが、ここで働く従業員の方にとっては、ここまでしなければいけないほど追い詰められていたのではないでしょうか・・・。

 

スポンサードリンク

まとめ

 

今回は、佐野SA(上り)の営業再開はいつか、また営業停止の理由や現在の状況と社長のコメントなどについてお伝えしました。

 

従業員と運営会社との対立は早急には解決しないかもしれませんが、サービスエリアの利用客としては一日も早く営業を再開してほしいものですね。

 

佐野SA(上り)の営業再開については、新しい情報が入り次第、追記して更新したいと思います!

スポンサードリンク