日々気になったエンタメニュースやお役立ち情報をお届けします♪

星野源の病気『くも膜下出血』はいつで現在は完治?後遺症やパニック障害・モニカ病にしついても!

2019/08/16
 
星野源 くも膜下出血 モニカ病 パニック障害
この記事を書いている人 - WRITER -

2017年のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で大ブレイクした『星野源』さんは、歌手としても大活躍されていますよね!

 

ドラマ主題歌である『恋』では、恋ダンスも生まれ、社会現象を巻き起こしました。

 

そんな星野源さんですが、実は過去に病気を患っていたんです!

 

今回は、星野さんが患った病気についてや、現在の状況などをお伝えします。

 

また、星野さんについては、星野源とaiko【2019】福岡で目撃!?復縁説やお揃いについても!にも詳しく書いていますので、ぜひ読んでみてくださいね!

 

スポンサードリンク

星野源のプロフィール

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

あむさん(@hsn.st.gen)がシェアした投稿

 

星野源のプロフィール

 

星野さんのプロフィールを簡単にご紹介します♪

 

星野源のプロフィール
  • 本名:星野 源(ほしの げん)
  • 生年月日:1981年1月28日 38歳※2019年6月現在
  • 出身地:埼玉県蕨市
  • 血液型:AB型
  • 身長:168cm
  • 職業:音楽家・俳優・文筆家
  • 事務所:大人計画(俳優業)・アミューズ(音楽業)

 

星野さんは、活動期間が2000年からということで、ずいぶん前から活動されていたことになります。

 

現在は、ソロで音楽活動をされていますが、以前はインストゥルメンタルバンド『SAKEROCK』のリーダーとして、ギターやマリンバを担当していました。

 

『SAKEROCK』は、星野さんと同じ『自由の森学園高等学校』出身のメンバーを集め、2000年に結成しましたが、2015年6月2日に開催された両国国技館のラストライブをもって解散しました。

 

星野源の主な出演作品

 

現在は歌手としてはもちろん、ドラマや映画、CMでも幅広く活躍されています。

 

主な出演作品を紹介しますね。

 

ドラマ
  • 連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』及川(飯田)貴司 役
  • 大河ドラマ『真田丸』 徳川秀忠 役
  • 『逃げるは恥だが役に立つ』 津崎平匡 役
  • 大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺』平沢和重 役

 

映画
  • 『箱入り息子の恋』主演・天雫健太郎 役
  • 『引っ越し大名』主演・片桐春之介 役 ※2019年8月30日公開予定
  • 『罪の声』主演・曽根俊也 役(小栗旬とのダブル主演) ※2020年公開予定

 

劇場アニメ
  • 『聖☆おにいさん』主演 ブッダ役
  • 『夜は短し歩けよ乙女』 主演 先輩役
  • 『未来のミライ』おとうさん役 

 

CM
  • 『ウコンの力』
  • 『日清のどん兵衛』
  • サッポロビール『黒ラベル』・『麦のくつろぎ』
  • 花王『ビデオu ボディウォッシュ』
  • NTTドコモ

 

ここ最近では、ドコモのCMでよく見かけますよね!

 

星野さんは、ラジオのパーソナリティもされていて、毎週火曜日25時から放送の『星野源のオールナイトニッポン』は、ものすごく面白いので一度聞いてみてください!

 

スポンサードリンク

星野源の病気『くも膜下出血』はいつ発症?再発も!

 

さて、気になる星野さんが発症した病気『くも膜下出血』ですが、いつ発症したのかを調べてみました。

 

2012年12月、楽曲の制作とレコーディーングが終わった直後に、星野さんが急に倒れて救急搬送され、その日のうちに緊急手術が行われたとのことです。

 

この時、星野さんは31歳です!!!

 

『くも膜下出血』は、

脳表面の動脈から出血し、くも膜下腔に血液が流れ込むことで起こる病気で、脳卒中のひとつです。

脳は外側から、硬膜、くも膜、軟膜という何層かの膜で覆われており、くも膜と軟膜の間は「くも膜下腔」と呼ばれます。

くも膜下出血は、脳表面の動脈から出血し、くも膜下腔に血液が流れ込んだ状態を指します。

くも膜下出血の多くは、脳動脈瘤(脳の血管にできたこぶ)が破裂することで発症します。

とあります。

くも膜下出血 引用元:https://medicalnote.jp/contents/180510-001-ID

 

くも膜下出血は、突然起こる上に命にかかわり、後遺症が残ることがあるという、大変こわい病気です。

 

星野さんの所属事務所は、術後の経過は良好で、順調に回復しておりますと説明していおり、2013年2月に仕事復帰をします。

 

しかし、その4ヵ月後の定期検査の結果、手術した箇所が万全ではなかったため再発してしまい、再び活動を休止し治療に専念します。

 

2度目の手術は、相当難易度が高かったようで、医師からも手術を拒否されるほどだったとか(笑)

 

また、星野さんは自身の著書『蘇える変態』で、死をも覚悟したと闘病生活についても赤裸々に語っています。

 

 

詳しくはこちらを読んでみてくださいね♪

 

スポンサードリンク

星野源の現在は完治で後遺症は?パニック障害やモニカ病についても!

 

その後の星野さんですが、2013年の9月26日に再手術の成功と、退院を発表し、2014年2月6日に初の武道館公演で完全復活をします!

 

その後は、音楽活動に加えて、俳優業でも大活躍されています。

 

今回、くも膜下出血について調べていたときに、意外な事実が判明しました。

 

星野さんは、小学生の頃にいじめに遭い、それが原因で『パニック障害』になってしまったそうです。

 

パニック障害とは

不安障害 突然理由もなく、動悸やめまい、発汗、窒息感、吐き気、手足の震えといった発作を起こし、そのために生活に支障が出ている状態

のことを言うそうで、実際わたしも経験者です。

 

また、治療が不十分で進行してしまうと、うつ病などになるおそれもある病気なんです。

 

こちらに関しては、デビュー前のことのようで、現在は落ち着いているようですね。

 

また、『モニカ病』についてですが、聞いたことない名前ですよね(笑)

 

それもそのはず、この『モニカ病』は星野さんが命名した病名です(笑)

 

星野さんによると、就寝の一番深い眠りのときに襲ってくるとのことで、症状は肛門周辺に突然つったような激痛が走るのだそうです。

 

起き上がってウロウロするしかないほどの痛みだそうで、その苦しむ姿が、吉川晃司さんの『モニカ』を歌う姿に似ているため、星野さんが『モニカ病』と命名しました。

 

また、この病気は『突発性肛門痛』ではないかと言われています。

 

私は経験ないですが、婦人雑誌にこのことが掲載され、読者の主婦からも多くの反応があったとのことです。

 

こちらにおいては、現在はどうなのでしょうか?

 

星野さんから特にこの病名が出てこないことからすると、現在は治まっているのかもしれませんね!

 

スポンサードリンク

星野源のオススメ作品を紹介!

 

星野さんの作品のオススメ作品を個人的観点でご紹介します♪

 

シングル

 

 

アルバム

 

 

DVD

 

 

私は、ほぼ持っているのですが、個人的に言わせてもらうと、星野さんのこれまでのPVがつまった『Music Video Tour 2010-2017 ]』がオススメです!!!!

 

あと、アルバムの『POP VIRUS (初回限定盤B CD+DVD)』は、DVDが最高です!!!

 

これは、絶対に勝ってほしいです!!!

 

いや、本当はどれもオススメなんです(笑)

 

また、星野さんについては、星野源とaiko【2019】福岡で目撃!?復縁説やお揃いについても!にも詳しく書いていますので、ぜひ読んでみてくださいね!

 

スポンサードリンク

まとめ

 

今回は、星野さんが患った『くも膜下出血』がいつだったかや、後遺症などについてもお伝えしました。

 

31歳という若さで2度の『くも膜下出血』から、後遺症が残ることなく完全復活をされました。

 

『パニック障害』を克服し、『モニカ病』にも悩ませることなく、現在は元気に活動されています。

 

音楽活動や俳優としても、今後の活動にますます注目が集まりそうですね!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぴょんきちLIFE , 2019 All Rights Reserved.