日々気になったエンタメニュースやお役立ち情報をお届けします♪

七五三【2018】はいつ?何歳でやるものか男女で違いはある?

2018/11/09
 
この記事を書いている人 - WRITER -

7歳、5歳、3歳の子供の成長を祝う日本の年中行事である七五三。

 

明治改暦以降は11月15日に行われるようになりましたが、現在では11月15日にこだわらずに、11月中のいずれかの土・日・祝日に行われることも多くなっているようです。

 

七五三というだけに、七歳・五歳・三歳で行うものという考えが根強いですし、男の子と女の子で行う年齢に違いがあるなどぼんやりとは分かっていますよね。

 

今回は、七五三はいつやるもので、男女での違いはあるのかなどについてまとめてみました。

 

スポンサードリンク

七五三はいつやるもの?

 

そもそも、七五三はいつやるものなのか・・・

 

神事としては、感謝をささげ祝うことが重要であるとの考え方から、現代では、数え年でなく満年齢で行う場合も多い。

 

「七五三」という名称から、その年齢にやる同じ行事のように捉えられつつあります。

 

しかし実際のところは、それぞれの年齢で行う別々の異なった行事であり、3つの子供の行事を、「七五三」と呼んだために本来の神事の内容が薄れ、同じ行事のように思われているそうです。

 

我が家の子供たちは兄弟でまとめてやりましたが、本当はそれぞれ別々の行事なんですね(笑)

 

スポンサードリンク

男の子と女の子で何が違う?各年齢の意味はあるの?

 

一般的に、男の子は5歳で、女の子は3歳と7歳でやると考えられているそうです。

 

各年齢での意味ですが・・・

 

  • 数え年3歳(満年齢2歳になる年)を「髪置きの儀」とし、髪の毛を剃る習慣を終了する儀 ※主に女児だが男児が行う例もある

 

  • 数え年5歳(満年齢4歳になる年)を「袴着」とし、男子が袴を着用し始める儀

 

  • 数え年7歳(満年齢6歳になる年)を「帯解きの儀」とし、女子が大人と同じ幅の広い帯を結び始める儀

ただ、最近では性別を問わずに3回すべて行う例もあるようです。

 

また、写真だけ撮って参拝は省略するといったことも耳にします(笑)

 

写真館などによっては、早めの予約で割引があったり、参拝時にも同じ衣装を無料で貸してくれるところもあるようです!

 

スポンサードリンク

千歳飴の意味はあるの?

 

七五三の時に必ずもらう「千歳飴」には、「千年」つまり「長生き」という良い意味があると共に、縁起が良いとされる紅白の色で着色されていてそれぞれ1本ずつ入っていることが多いのではないでしょうか。

 

また、千歳飴の袋には縁起が良いとされる鶴亀や松竹梅などが描かれています。

 

 

スポンサードリンク

千歳飴のリメイクレシピ

 

余談ですが、この千歳飴・・・食べずに捨ててしまったとか、食べきるなんて無理!という声が多いのも現状(笑)

 

そこで、千歳飴をリメイクしたレシピを探すと沢山出てきたので一部を紹介したと思います。

 

プリンなどは小さい子にも食べやすくておすすめです!

 

少し手間がかかりますが、私は生キャラメルをオススメします!!!

 

せっかくいただくものなので、ぜひとも子供たちに食べさせてあげてみてはいかがですか?

 

スポンサードリンク

まとめ

 

さて今回は日本の伝統的な年中行事の「七五三」について解説しました。

 

  • 神社やお寺に詣でる日としては11月15日となっていますが、現在は11月中のいずれかの土・日・祝日に行うことも多くなってきている

 

  • 男の子は5歳で、女の子は3歳と7歳でやる風習があるが、現在では性別を問わず各年齢でやる例もある

 

  • 「千歳飴」には親が子供に長寿の願いを込めたものである

 

我が家は来年5歳と7歳になる子がいるので、そろって写真を撮りにいきたいと思います(笑)

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ぴょんきちLIFE , 2018 All Rights Reserved.